バイオマス

金沢工業大学にて実証実験がスタート

この度、金沢工業大学 白山麓キャンパスにて
発電機能を備えた小型バイオマスボイラ(CHP Bailer e7)を導入致しました。
地元産木材チップを燃焼し、生じた熱と電気利用の実証実験をスタートするに伴い、
複数のメディアから紹介されました。

バイオマスで発電できます

 ニュースや新聞などで度々耳にする「バイオマス」という言葉ですが、うまく説明することができるしょうか。日本政府が定めた定義では「再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの」となっており、可燃性廃棄物・下水汚泥・林地残材やデンプン系作物等が挙げられます。